スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

楽しかった

あー楽しかった



まさか まさかの妊娠判定
あふれ あふれる 涙 涙
心の中の重たい何かが
涙と一緒に どっと流れて行った

お腹の中の小さな灯が 
消えてしまわないか 不安な日々のあと
灯がふたつとわかって
顔がにやけてしまうのを隠しきれなかったよ 
ふたごちゃん

あれとあれよとお腹が大きくなって
そんな自分が誇らしい
毎日が楽しい気分なんて
生まれて初めてかもしれない

だけど同時にいろんなカクゴもしたんだ・・・・
たとえ どんな子が生まれても 
何が起こっても 大切に育てよう。。。。
もしも 私が死んでしまっても
若い息吹を助けてもらおう。。。。
たとえ 離れ離れになったとしても・・・
不幸せな人生を歩むことになったとしても・・・・・

私の心配は みんな おーちゃんが
払ってくれた

暑い夏がやってきて
手足が熱くて眠れない
皮膚が過敏になって かゆくて仕方ない
麻のシーツが
いつもの夏は気持ちいいのに
皮膚に食い込んで かゆくなる。。。

夏が進むと
食べたいものが食べられない
食べるたびに血糖を測り
インスリンを打つ また測る・・・・
これぐらいへっちゃらさ!
お腹は元気にボコボコ動いてる
問題ないさ

起き上がるのも 気合を入れて
寝返りも 気合を入れて よっこいしょ
足はすっかりむくんでしまった
久しぶりの眠りから覚めると
何事も無かったような錯覚に陥る
けど 動こうとすると体が重くて動けない
「あら。私の体どうしちゃったの?
あぁ・・・そうだ。妊娠してるんだっけ。。。」

よっこいしょ、よっこいしょ
買い物も、食事の用意も大変だ
今日は何を食べよう
カロリーはどれぐらいだろう
ご飯は160g
お茶碗2/3ぐらい これっぽっち ひもじいよ

双子が出てくる日を先生が決めてくれた
のんびりその日を待つつもりでいたけれど
真夜中 痛い!痛い! お腹が痛い!

お腹の張りを抑える薬は
大きな筋肉と化した子宮の緊張を和らげるから
私の足腰の筋肉もヘロヘロにした
立って歩くのもやっとになると
頭の中も モウロウとしてきた

もう しんどい
あと少しなのに こんな目にあわなきゃいけないの
こんなの 本当の私じゃない
そうだ!
お父さんに頼んで迎えに来てもらおう
もう 我慢しないで泣いちゃおう

でも 本当に迎えにきたらどうしよう・・・
いやいや お父さんが私を助けに来るはずが無い
だから 叫んでしまおう
「お父さん 助けて! 迎えに来て!」

先生が来た
何でも言っていいよ と言うから
迷いに迷って出た言葉は
「もう 家に帰る」
手術の日は 早まった

いよいよ今日は手術だ
先生が来た
「夕べ緊急で・・・」
私のふたごのために抑えたベッドに
他の双子が入っちゃった
手術は2日後になった

今日はホントに手術してもらえるのかな
ゆうべ双子は産まれなかった

手術室ではいろんなことが 同時に進んでいく
右手に点滴 左手に血圧計
ガチャガチャ あわただしく何人もスタッフが動き
意識が無くなった

気がつくと やわらかい草原の上にいた
こんなにやわらかい草があるのかな
思わず足元を見たけど やっぱり草原だ
ふかふかムートンのような やわらかい草原
さえぎるものは何も無い
枝振りの良い樹が1本あるだけ
小さな小川が流れている
私は木陰で休んでいたの とても気持ちよく
姿は見えないけれど お父さんと一緒に・・・・

名前が呼ばれてる
私の名前を呼んでいる
あっちに行きたくないから 無視しちゃおう
あっちは冷たくて 硬くて グレーで
ステンレスだ
あっちはきっと とっても痛い
こっちはやわらかくて 暖かいから こっちがいい
でも 名前を何度も呼ばれてる
強く呼ばれてる
無視するのも悪いから しょうがないか
思い切って返事をしたとたん 
体中を激痛が走る
体から出ている根っこごと引き抜かれるような痛み
やわらかい土から離れる痛み
「痛い!痛い!いたーい!」
何度も大声で叫んだ

意識が戻ると 部屋にいた
今度は息ができない
鼻から入ってくる酸素が
ホースで水を浴びせられるみたいに 
切れ間無く入ってくるから 吐けない
息が吐けなくて 苦しい

その時わかった
ポポちゃんも酸素のチューブを鼻先に当てられて
息ができなくて苦しかったんだ・・・・
酸素が足りないと 送り込んであげたけど
ポポちゃんは息ができなくて 苦しかったんだ・・・
ごめんね ポポちゃん 苦しい思いをさせちゃったね

その瞬間
左側から輝く 黄金色の光が流れてきた
目で追ったら ふたごの一人に飛び込んだ
ニチカだ!
黄金色の光はポポちゃんの魂
それがニチカに飛び込んでいった
だけど ニチカはポポちゃんの生まれ変わりではない
ポポちゃんの魂と共に 生きる子になるんだ

そうか やっぱり ポポちゃんはニチカだったんだ

また 意識は遠のく

息ができなくて苦しい
力を抜いたら 息が止まっちゃう
もう 力 抜いちゃおうか
今までずいぶん頑張ってきたんだから
もう いっか もう 悔いはない
力を緩めようとした瞬間 思い出した
さっき見せてもらった ふたごの写真

あぁ そうだ
あの子たちがいるんだ
あの子達のために 生きなくちゃいけないんだ
そう思ったら 呼吸をする力が戻ってきて
息が少し楽になった

次の日の夕方
初めて ふたごに会った
小さな小さな 私の子ども
始めまして、お母さんだよ
これから ずっとよろしくね

感激の涙が とめどなく流れた


涙で始まって 涙で終わった 
私の妊娠と出産

いろんなことがあったけど

あー楽しかった

とっても楽しかった

いろんなことが起こったけど
乗り越えられたら とっても楽しい
やり遂げたら とっても楽しい

妊娠と出産 とても楽しかった




Secret

プロフィール

てんにこ母

Author:てんにこ母
~主な登場人物~

*私(てんにこ母):アラフォーな働く主婦。よく泣く。2011年10月一卵性ふたご男子(チーとニッチー)を産む。
 
*天天(てんてん):02’4/30生まれ。私の元に初めてやって来てくれたパグ。女の子。

*にこりん:03’8/25生まれ。天天の一生に一度のたった一人の子供。女の子。

*光(ひかり):07’10/29生まれ。にこりんの息子。わが家のやんちゃ坊主、神様から授かった特別な子。お父さんはサンボーイズ犬舎のキンボウ。

*希望(のぞみ):07’10/29生まれ。にこりんの娘。おしゃまな顔したヤンキー娘。お父さんはサンボーイズ犬舎のキンボウ。

*おとめ:2011’1/3生まれ。のぞみの娘で超お転婆。お父さんはサンボーイズ犬舎出身のジーン王子。

*とんとん:08’8/31がうちの子記念日。実家の母と二人暮らしなおじさんパグ。

*てんにこ父:私の夫。パグ達の頼れないお父ちゃん。

最近の記事

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

にほんブログ村 犬ブログ パグへ

最近のコメント

コメントありがとう!

2011年パグカレンダー

表紙はひかりとのぞみ

2010年パグカレンダー

わが家の子供たちが表紙を飾りました。

Wan 11月号

Cover Model 希望(のぞみ)

パグ・ファンVol.3

Cover Model 光

パグの悩みずばり解決!

表紙はのぞみちゃん!

わが家のパグ達が食べてます

ロイヤルカナン 食事療法食 PHコントロール

愛用首輪とリード

首輪堂ハフマン

水遊びの必需品

アウトドア用品のmont-bell(モンベル)からワンコ用のライフジャケット

最近のトラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

日本語→英語 自動翻訳

English

リンク

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。