スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬の譲渡前講習会

前回記事のコメントのお返しもまだですが、
今日は埼玉県の「犬の譲渡前講習会」に参加しましたので
そのことを書きたいと思います。                
   
                                 <写真と本文の関連なしです>
                              



この講習会は埼玉県で保護されたワンコを
譲渡希望されてる方にお渡しする前に受ける講習会です。

なぜ私がこの講習会を受けたかというと・・・・・・。

私の実家で暮してる「とんとん」は ふがれす から来ました。
ふがれすの活動の一環で この講習を受けるチャンスがありましたので
とんちゃんを救ってくれたふがれすに 何らかの形で貢献できたら。。。。
「動物指導センター」「動物保護センター」の取り組みってどんな事してるんだろう。。。。。
など、見て聴いて知りたい という思いもありました。


ふがれすへの貢献という事では
寄付や一時預かりや、搬送の手助けなどもありますが
今、わが家ではその余裕を捻出するのは ちょっと難しく、
でも、実際に行動したい思いもあるので
まずは知る事、勉強させていただく事かな。。。。と思い参加しました。





DSC04842.jpg






講習会は子犬の譲渡を希望されてる方たちと一緒に受けまして、
内容は 簡単にまとめると

*法律を含めた飼い主の義務
  ・狂犬病予防法     
  ・埼玉県動物の愛護及び管理に関する条例 など

*動物由来感染症について

*しつけについて

*毎日の世話や健康管理について

などでした。

講習会の後半には センターで飼われているタロー君が登場し
しつけについてのデモンストレーションがありました。


講習に参加して 特に印象に残った事がいくつかありました。

その1~~譲渡の目的は単なる斡旋ではなく
       ☆子犬(犬)の救世主になっていただく
       ☆地域の模範的な飼い主になっていただく~~

その2~~(タロー君登場のしつけに関する話の中で)
       ☆ワンコはいつも隙あらば群れのリーダーの座を狙っています。
       ☆ワンコは散歩や遊び以外の時間は暇なので、飼い主をよく観察しています。
       ☆しつけは誉めることでできます。

犬を飼う、動物を飼うという基本的な姿勢を改めて考えました。
ワンコも人間も同じひとつの命。 
ワンコのいのちをただ救うだけでなく、尊重しなくてはいけないなと思いました。

動物の中で人間は頂点に立っていますが
だからと言って 他の動物をぞんざいに扱っていいということではありません。
人間の食べ物になるために命を落とす動物もたくさんいますが
だからこそ感謝を忘れてはいけないと思ったし、
人間のごく身近に生きるワンコは、私たち人間をよく観察し
いい事も悪い事も見つめている。
ある意味、見透かしているのかもしれない。
ワンコと同じ命の目線に立つこと、
それは自分の人間性を反映することなんじゃないかと思ったのです。。。



DSC04858.jpg





ちょっと堅苦しく、難しく考えすぎてるかもしれませんが
帰り道、ハンドルを握りながらそんなことを思っていました。


それと、わが家の のぞみとひかりが 
そっかぁ~、やっぱりトップ狙ってるんだぁ~^^
とか思い、ぷぅっと吹き出しそうになったり 目頭が熱くなったりしました^^


車の免許更新で講習を受けたりしますが、
内容によっては 眠くなるような事かもしれないけど
ワンコ飼いとして初心に戻るいい機会だったなぁと思います。


というわけで
今日はいつもより やさしく撫でてやりました~~






 
*この記事は受講した私が 自分の感想を元に書いているので
 講習の内容について正確に全て記していませんので、そのつもりでご理解ください。






いつも見ては、いけないのに見てしまうこと。
それは、ペットショップでのバグチェック!
で、早く飼い主さんが現れるように願って帰ってきます。
で、また行ったとき値段が下がってると、
ガーン(早く見つけてもらうんだよって願って帰ってきます)。
その後いなくなってると、あー見つかったんだ
よかったーって、安心。
実は、今日もチェックして、いたんだよね。
早く飼い主さん見つかるといいねーって。

お疲れさまでした!

こんばんは、ごんちゅら福家のましゃ~んです。今日の譲渡前講習会お疲れさまでした。

今日は心の準備をして埼玉県動物指導センターを訪れました。写真でしか見たことはありませんが、処分場を見ることになる、とてもショッキングな光景を目の当たりにするのだ、と思い、かなりの覚悟で参加しました。

でも、担当の方のお話を聞いたり、センターを案内していただいたり、講習を受けたりするうちに、ここで働いている方たちは、1匹でも多くの命を救いたい、という信念を持って働いていらっしゃるのだなぁ、ということが伝わってきました。

その活動に、ふがれすのメンバーとして少しでもお役に立てるよう、がんばっていこうと、前向きに考えることが出来ました。センターの方たちも、とても協力的な人たちで、本当によかったですね。

今日はとてもいい経験でした。それに、ふがれすメンバー以外に参加されていた一般の方たち、保護されたワンコたちの譲渡に関心を持っておられる方たちが多いのだなぁ、ということが分り、とてもうれしくなりました。

今日は寒い中本当にお疲れさまでした。いろいろお話が出来てとてもうれしかったです!

私は一度失敗しているので、
何も言える立場ではないのを承知で、
最後まで、ご自分の家族として・・ と願うばかりです。

ご苦労様でした。

てんにこ母さんは本当に勉強熱心ですね
私もてんにこ母さんの爪の垢でも煎じて飲ませてほしいぐらいです

以前NHKで「ディロン~運命の犬」というドラマがありました
捨て犬で処分寸前だったディロンを引き取った夫婦のお話ですが、ディロンがセラピー犬として人々の心を癒す役割をするようになって、私もセラピー犬に興味を持ちました

処分される捨て犬をセラピー犬に育て上げてボランティアをしている団体もあるそうです

そんなことを見たり聞いたりして、何かできないかなあ、なんて考えていたけど、結局考えているだけ終わってしまっています
次のステップはなかなか踏めないものです

それを何となく考えているだけではなく、てんにこ母さんのように実行に移すのはとてもすごいことだと思います
私も見習わなくちゃ

そのような講習会があるなんて初めてしりました。
群馬でも講習会は行われてるのかな???
私も、もっともっとワンコの事を知りたくなりました。
そっかー、私もいつも茶子あんこに観察されてるのか。
妙にそこの文章にうけちゃいました(*^艸^*)
てきり「大好き光線」を浴びてるのかと思ってました。


マロマロさまへ

私もショップのウインドウの中にパグを見つけると
なんとも悲しい気持ちになりますよ。。。。
本当はパグに限った事じゃなく、ワンコみんなそうなんだけど
パグに肩入れしてる事はお許しください^^

地元の犬友達からもショップで子犬を展示するのを禁止したらいいね話題が出ました。
ショップはブリーダーを仲介・紹介すればいいんだよねって。。。

ましゃ~んさまへ

昨日はこちらこそ緊張感の中、声を掛けていただいてありがとうございました。
皆さんは午前中、施設の見学もされたのでしょうか?
施設のランに幼稚園のようなカワイイ看板がかかっていて、
清潔そうな建物の中で行われることの ギャップを感じ、
ちょっと悲しい、でも現実の厳しさを感じました。
その中でも懸命に、地道に働いている職員の方たちの思いも知る事ができて、処分されるワンコたちもせめて最後、惜しんでくれる人がいるんだなと思い救われました。

捨てる神あれば拾う神あり。
譲渡講習会に参加されてる方はまさに拾う神ですね。
地道ながらも処分数が減っている事は良いニュースでした。

犬を飼うという事はいろいろ勉強と一言で言ってしまうと短いですが、本当に奥が深いし、犬ではなく自分が問われてるように思います。
そんな風に強く思った講習会でした。

とんとんのこと気にかけてくださってありがとうございました。 
昨日も言いましたが、とても嬉しいですね♪
奥様にもよろしくお伝えください。



番チョーさまへ

コメントありがとうございました。
ぐうたんのことでは番チョーさんもオヤヂさんも深く傷つかれましたよね。。。。。
私は番チョーさんは失敗したなんてこれっぽっちも思ってはいません。(私の言葉なんて軽いかもしれないけれど)
ぐうたんを引き上げていった方の判断ミスだと思っています。
ぐうたんのために悩み・苦悩した日々は 番チョーさんにとって 忘れがたい経験や思い出になったのではないかと思います。
番チョーさんが真摯にぐうたんと向き合っていた日々、私は忘れられません。

自分の全てを投げ出してもというぐらい強い愛情と、時にはわずらわしくうっとおしくなってしまう相反する気持ちがあります。
けれど、自分の命が続くようなら 今私の手元にいる子達への責任は果たしたいと思っています。
思えば、この子達の時間はとても短いんだから。。。。。
それぐらいは頑張りたいなと思います。



ラモンママさまへ

小さな声で言いますが。。。好奇心、野次馬根性もあるのです。
それが私の原動力でしょうか。

今回のセンターでも飼育してるワンコは老人ホームや幼稚園などで活躍してるそうです。
犬は野生で暮してるとまさに動物ですが
人と暮すと本当に人の気持ちを癒す 素晴らしいパートナーになりますよね。

今はパグに肩入れして暮してる私ですが、天天を迎える前にとある団体に譲渡を申し込んだんですが、犬を飼う顔じゃないと言われてひどく傷付いた事がありました。
犬を守る為には その周りにいる人間同士で傷つけあってはいけないと思います。
そんな経験も、自分の目で確かめなきゃ気がすまない私の気性に 影響してると思います^^



あんこママさまへ

そうそう、私もいつも大好き光線をあびてるとおもっていましたよ~~^0^
私の隙を狙ってる時もあるんだな。。。と思いました。ウププ。 
まだまだ気を抜く事はできません^^

ワンコとの信頼関係について、自分はできてるのかなぁなんて思いました。
信頼されてると言うより、甘えの対象なんじゃないかと反省したり^^
まぁ、いいか。となっちゃったけれど^^

すでにワンコ飼ってる方もあちこちでどんどん、こういう講習に参加できるといいですよね。

講習会、行ってきたのですね。
やっぱり、実際にお話を聞くのと知らないことが多いままでは愛犬に対する思いもすこし違ってくるのかなと思いました。
模範的な飼い主…にならなくては。まずは地域の模範的な飼い主にね。
散歩してると昔ながらの知識のまま生活している人もたくさんいるんだなぁと思ったりします。
うちの父は、犬にタマネギなんて気にしないし、叩けば分かると誤解もしていました。
今は大分理解してくれたけど。。
そんな飼い主さんもいまだにたくさんいるのですよねー。
邪魔になったら保健所へってこともよく聞く話です。
それがどういうことなのかとか、チラッとでも話せたり情報
を教えてあげられたらと思ったりします。
ネットしてるから今はいろいろ知識もありますが、昔は私は何も知りませんでした。
年配の方はパソコンも触らない人もいるし、頑固な考えの人もいてね…話すのは実際深くいえないこともあるけども。。

とにかく1匹でも多くのワンが幸せになってほしいなぁ~。

CHIHARUさまへ

行って来ましたよ^^!
私は地域の模範的な飼い主になることについて ちょっと反省でした^^
苦情の中には多頭飼いも含まれていて、
パグとはいえ鳴き声もありますし、4頭いると群れ意識があってみんなで通りかかった人に向かってワンワン吠える時もあるので、吠えられた人は嫌だろうなとかね。

お話しの内容は全て自分への問いかけのような気がして
振り返り、反省しました。
そうして自分の行いが改められて、模範につながるといいんじゃないかと思います。


Secret

プロフィール

てんにこ母

Author:てんにこ母
~主な登場人物~

*私(てんにこ母):アラフォーな働く主婦。よく泣く。2011年10月一卵性ふたご男子(チーとニッチー)を産む。
 
*天天(てんてん):02’4/30生まれ。私の元に初めてやって来てくれたパグ。女の子。

*にこりん:03’8/25生まれ。天天の一生に一度のたった一人の子供。女の子。

*光(ひかり):07’10/29生まれ。にこりんの息子。わが家のやんちゃ坊主、神様から授かった特別な子。お父さんはサンボーイズ犬舎のキンボウ。

*希望(のぞみ):07’10/29生まれ。にこりんの娘。おしゃまな顔したヤンキー娘。お父さんはサンボーイズ犬舎のキンボウ。

*おとめ:2011’1/3生まれ。のぞみの娘で超お転婆。お父さんはサンボーイズ犬舎出身のジーン王子。

*とんとん:08’8/31がうちの子記念日。実家の母と二人暮らしなおじさんパグ。

*てんにこ父:私の夫。パグ達の頼れないお父ちゃん。

最近の記事

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

にほんブログ村 犬ブログ パグへ

最近のコメント

コメントありがとう!

2011年パグカレンダー

表紙はひかりとのぞみ

2010年パグカレンダー

わが家の子供たちが表紙を飾りました。

Wan 11月号

Cover Model 希望(のぞみ)

パグ・ファンVol.3

Cover Model 光

パグの悩みずばり解決!

表紙はのぞみちゃん!

わが家のパグ達が食べてます

ロイヤルカナン 食事療法食 PHコントロール

愛用首輪とリード

首輪堂ハフマン

水遊びの必需品

アウトドア用品のmont-bell(モンベル)からワンコ用のライフジャケット

最近のトラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

日本語→英語 自動翻訳

English

リンク

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。