スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大切ないのち。。。。。

拡張型心筋症と戦うそうちゃん。
心臓移植のため12月5日に 渡米しましたが
容態が急変し 12月10日(現地)亡くなったそうです。

つい数日前に 小さな手形のおはがきが届いたばかりで
そのはがきからは
生きる希望の光が放たれていたのに。。。。。。。



そうちゃんを応援する事で
少し自分のこととして考える事ができたように思います。

全く知らない一人の子供を
とても身近に感じ 回復を祈っていたのに
本当に 残念な気持ちでいっぱいです。。。。。。


募金活動の中止とそうちゃんを救う会のリンクを外させていただきます。


ご冥福をお祈りいたします。




















少し 私の思い、考えを述べさせてください。



15歳以下の子どもの脳死移植は日本では認められていません。
日本では脳死移植自体が まだまだ浸透していなく
特別な治療であるという印象を受けます。
技術的な面はクリアしていると思いますが
日本人の死生観が 脳死移植(移植医療)と馴染まないのではないかと思っています。

そして 海外で移植を望めば 莫大な費用がかかります。
お金の問題が 移植医療のハードルをまた高くし
心理的なハードルも上げてしまうのではないかと思いました。


私は母親から腎臓を移植した人(大人・生体腎移植)
ドナーがどんな関係だったか忘れましたが 生体肝移植を受けた女の子
と接した事があります。


移植医療で生きることができても
生きていく困難を 違った形で抱えるということも知りました。

移植医療をめぐっては一言では言えないほど様々な問題が起こっています。





人は 動物は 生き物は 生まれてきたからには
必ず死を迎えます。
例外は絶対にありません。


死は避けられないものであるから
その時までを 精一杯生きることが大切なんだと思います。


生きることは大変です。
とても大変です。
だからこそ生きてることを大切にしなくては。。。。。と
自分にも言い聞かせています。


それでも、自分の目の前に死が迫って来たら
どんなにかして 生き延びたいと思うかもしれません。
移植医療がそれをかなえてくれるなら 望むのかもしれません。。。。。。





























プロフィール

てんにこ母

Author:てんにこ母
~主な登場人物~

*私(てんにこ母):アラフォーな働く主婦。よく泣く。2011年10月一卵性ふたご男子(チーとニッチー)を産む。
 
*天天(てんてん):02’4/30生まれ。私の元に初めてやって来てくれたパグ。女の子。

*にこりん:03’8/25生まれ。天天の一生に一度のたった一人の子供。女の子。

*光(ひかり):07’10/29生まれ。にこりんの息子。わが家のやんちゃ坊主、神様から授かった特別な子。お父さんはサンボーイズ犬舎のキンボウ。

*希望(のぞみ):07’10/29生まれ。にこりんの娘。おしゃまな顔したヤンキー娘。お父さんはサンボーイズ犬舎のキンボウ。

*おとめ:2011’1/3生まれ。のぞみの娘で超お転婆。お父さんはサンボーイズ犬舎出身のジーン王子。

*とんとん:08’8/31がうちの子記念日。実家の母と二人暮らしなおじさんパグ。

*てんにこ父:私の夫。パグ達の頼れないお父ちゃん。

最近の記事

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

にほんブログ村 犬ブログ パグへ

最近のコメント

コメントありがとう!

2011年パグカレンダー

表紙はひかりとのぞみ

2010年パグカレンダー

わが家の子供たちが表紙を飾りました。

Wan 11月号

Cover Model 希望(のぞみ)

パグ・ファンVol.3

Cover Model 光

パグの悩みずばり解決!

表紙はのぞみちゃん!

わが家のパグ達が食べてます

ロイヤルカナン 食事療法食 PHコントロール

愛用首輪とリード

首輪堂ハフマン

水遊びの必需品

アウトドア用品のmont-bell(モンベル)からワンコ用のライフジャケット

最近のトラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

日本語→英語 自動翻訳

English

リンク

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。