スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

口蓋裂について

のぞみとジーンの間に生まれた長男・ポポが亡くなったのは
口蓋裂による合併症、誤嚥性肺炎によるものでした。

口蓋裂そのものは致命的な奇形ではありませんが
成長していく上では様々な困難が付きまとい、
口蓋裂で生まれたパグの多くが育ちきらずにいるようです。

しかし口蓋裂は決して珍しい奇形ではなく
あなたの傍らで眠っている愛パグちゃんの兄妹が
口蓋裂で命を落としているかもしれません。


ポポちゃんが我が家に生まれ、36日間という短い時間でしたが
家族として過ごしたことで
少しでも口蓋裂について知っていただく機会となり
これからどこかで生まれてくるかもしれない
口蓋裂のパグ(ワンコ)が生きるチャンスに恵まれることを願って
記事をUPしたいと思います。



口蓋裂について少し調べました。


【口蓋裂とは】 
-Wikipediaより-
・先天異常のひとつであり、人以外の動物では犬に見られ、馬にまれに認められる。
・軟口蓋あるいは硬口蓋またはその両方が閉鎖しない状態。
・誤嚥性肺炎を併発することが多く、内科的治療としては誤嚥性肺炎を防ぐことに努める必要がある。


-愛犬百科シリーズ 愛犬の繁殖と育児百科 愛犬の友編集部より-
・上顎の鼻腔と口腔とを分けている骨の癒合不全によって、硬口蓋に穴が開き、鼻腔と口腔が
 つながっている状態です。
・穴を塞ぐ手術によって快適な生活を過ごすことができます。
・重度の口蓋裂や、口蓋裂と共に見られる口唇裂が見られたときは
 安楽死をお勧めします。

画像

-その他 いろいろなサイトより-
・口を開けたときに上あごがかぱっと裂けている。
・なりやすい犬種としては、アメリカンコッカースパニエル、シーズー、ジャーマンシェパード、
 ダックスフント、チワワ、パグ、ビーグル、ブルドッグです。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


口蓋裂は、動物ではヒトと犬に多く見られる先天性の奇形のようです。

【パグの発生頻度】

ネット上で調べる限りわかりませんでした。

わが家では3回のお産で9頭のパグが生まれ、
そのうち1頭が口蓋裂で生まれました。
(11.1%)


私の身の回りで、パグの繁殖をしたことのある一般家庭で
口蓋裂の仔が生まれた例が2例ありました。


わが家を含め3家庭で6回のお産があり
28頭の子どもが生まれ
そのうち4頭、口蓋裂の子が生まれています。

おおよそ14.2%の発生頻度でした。
(統計の元になる数が口蓋裂で生まれた家庭に偏っているので
正確ではありません。)





ヒトの場合、唇が鼻腔と通じている口唇裂との合併や口蓋裂のみ、
口唇裂のみといろいろなケースがあります。


―人の発生頻度―

アジア人種に多く日本人は約500人に一人(0.2%)
欧米人には約700人に一人(0,14%)
アフリカ人には約1000人に一人(0.1%)





人に比べるとパグの口蓋裂の発生頻度は
圧倒的に高い印象があります。

けれども身の回りで口蓋裂のパグちゃんに出会うことは
全くと言っていいほどありません。




【口蓋裂の仔を育てる上での様々な困難】

・哺乳ができないことによる栄養失調
・哺乳ができたとしても口腔と鼻腔が交通していることによって
 水分や固形物が気管に入りやすくなり起こる誤嚥性肺炎
・手厚く世話をする必要があること
・経済的な負担

これらを克服する必要があると思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

わが家ではポポちゃんに
注射器で哺乳しました。

哺乳瓶も試してみましたが全く飲めませんでした。

注射器での哺乳の仕方は
お世話になっているサンボーイズ犬舎のオーナーさんから
ご指導・アドバイスいただきました。

-方法-
・頭~首を吊るすように持ち、のどの奥のほうへミルクが行くように注入する。
と言うようなものでした。

おそるおそるやり始めてみると
どうにかポポちゃんがミルクを飲んでくれました。

実践するにあたり私が注意した点としては
・注射器の背を裂に押し当て、穴を塞ぐようなつもりで注入する。
・ポポちゃんの嚥下のリズムをよく見ながらゆっくり注入する。
・ミルクが噴出してきたら口元(頭)を下にして、ミルクが流れ出るような姿勢にして
 軽く背中をたたき、吹き出たミルクの排泄を促す。
・鼻に詰まったミルクを口で吸い出す。
・気道にミルクが無くなり呼吸をしだしたら酸素を吸わせる。
・呼吸が整うまで見守る。

このようなことに注意しながら3~4時間おきに哺乳を繰り返しました。
(当初は2~3時間おき)

1週間ほどするとポポちゃんも哺乳になれて、だんだんと息が合うようになりました。

このまま哺乳が続けばよかったのですが、離乳期を迎える頃
ミルクの飲みが悪くなり 誤嚥性肺炎の転機を迎えます。


この時、カテーテルによる栄養補給に切り替えれば
肺炎も悪化せず治る可能性もあったのですが
カテーテルにするには入院しなくてはいけないとのことでした。


-病院での治療ー
病院でカテーテル栄養補給を
手術可能になるまでやっていただくにはどのくらい費用がかかるのか
それは一番の問題です。

手術できるまで成長すれば手術の費用負担を
前向きに考えられますが、
手術できるまでの数ヶ月の入院費用はどのくらいになるのか
私にとっては大きな問題であり、大きな不安でありました。


酸素室のレンタルは2万~3万でした。

レントゲンを撮ってもらい、
抗生物質と気管支拡張剤の処方は数千円でできました。

最初の病院では、
入院して栄養を注入してもらうと費用がどのくらいかかるか聞くことも、
費用の交渉も 私にはできませんでした。


画像 073

この生後4ヶ月のフレンチブルのサッカー君はポポちゃんが入院した動物病院にいた仔です。

この仔は口蓋裂でこの病院にやってきましたが、
先生が引き取り、育て、手術をしたそうです。
手術はすでに3回実施され、あと1回ぐらいやる予定とのことでした。

この仔を見て、ポポちゃんの未来に希望が持て
手術で数十万かかる覚悟でポポちゃんを病院に託しました。


口蓋裂の子が生き残るチャンスは
技術・テクニックはすでにあるのです。

それが実施できるかどうか、
費用の問題がクリアできるかどうかなのだと思います。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


口蓋裂(口唇裂)は人にも多く見られる先天奇形です。
人の場合は治療・養育の面で
経済的なサポートもあるようで
口唇口蓋裂の人たちも 
長い治療の過程をたどりますが、
その人生を歩まれ、様々な場面で活躍しています。

生まれたとき、こういった奇形があっても
その人の能力や命そのものには何も問題は無く、
いかなる状態であっても、
その将来にある可能性は計り知れません。



それはパグ(犬)であっても同じだと思います。

パグ(犬)は人と生きる動物です。
その命が救われるとしたら、
その先に出会う人々の人生を彩り、
共に生き支えあう関係になる可能性もあるのです。


人のためにも パグのためにも
口蓋裂で生まれても
生きるチャンスに恵まれるように願ってやみません。



【最後に】

ポポちゃんや私たち家族を心配してくれ
助言・アドバイスをし、大きな励ましを下さいました
サンボーイズ犬舎のオーナー様、関係者の皆様、
サンボーイズ犬舎ブログの管理人hakkaさまには
未熟な私に数々の救いの手を差し伸べてくださり本当に感謝いたします。

ありがとうございました。

のぞみと私たち家族に赤ちゃんを運んできてくれた
男前・ジーン君とジーンのパパとママ、本当にありがとうございました。

また、私の身の回りで今回の繁殖を見守り
喜んでくださったお友だちのみなさま、本当にありがとうございました。


繁殖の喜びも悲しみも。
この人生の中でまたひとつ貴重な経験をしました。

悲しい思いはしましたが、私は決して今回の繁殖を後悔していません。

生まれてきた5頭のパグたち、
今すくすくと育っているパグたちの
今後の幸せを強く願うばかりです。





スポンサーサイト

ポポ


ポポちゃんの名前の由来は「タンポポ」のポポ。

タンポポのように踏まれてもたくましく育つように
お父さんがつけました。


ポポちゃん


誤嚥性肺炎で入院治療中だったポポちゃんは
2月8日 午後9時前に息を引き取りました。

生後36日目でした。




1週間前、本当は安楽死を視野に入れて訪れた病院で
「治療をしてみましょう。」と言ってもらえて
お母さんは心底ホッとしました。

ポポちゃんを見捨てずに治してみようと言ってくれた先生に
本当に救われました。


ポポちゃんはこの1週間、頑張ってくれましたが
やっと楽になりました。


誤嚥性の肺炎はやり方によっては防げる病気です。

私がもっと早くカテーテルによる栄養補給を
病院へお願いしていれば 
ポポちゃんにはまだ生きるチャンスが残っていたかもしれません。

この教訓は今後、生かさなくてはいけません。



口蓋裂については
今後また記事を書きたいと思います。





ぽぽちゃん

1月3日にのぞみが産んだ子ども達の中で
唯一の男の子、それがぽぽちゃんです。

のぞみが産んだ子の中で 男の子を残そうと決めていたので
生まれたときから ぽぽちゃんがうちの子になることは決まっていました。

ぽぽちゃん

ぽぽちゃんは第1子。
初めて見たのぞみの子です。

生まれてきたとき、「なんて面構えのいい子だろう。いい顔してるなぁ。いい子に育つな~!」
と嬉しくなりました。


けれど この子は
のぞみ母さんの乳首に吸い付いてもすぐに乳首がポロンと口から離れてしまい
お乳が吸えないようでした。


(口蓋裂かも知れない・・・・・・)


そう思い口の中を見ましたが 口蓋裂を見たことが無いので
なんとも判断できません。


ぽぽちゃんを抱くのぞみ


(口蓋裂かもしれない・・・・・)
と8割9分思いつつも

ただ哺乳力の弱い子かもしれないし。。。。。と思い
ぽぽちゃんを注射器で哺乳し 育て始めました。



こんな風に・・・・・(動画:てんにこ父に哺乳の仕方をレクチャーしているところです。)

[広告] VPS




他の子は順調に丸々と太って育ってきましたが
ぽぽちゃんはひょろひょろ。

けれど、ちゃんと目も開いて
ミルクの時間になると私のほうへやってくるようにもなりました。

ヨチヨチと歩くようになったかと思うと
トイレシートでおしっこをするようにもなりました。


小さくてもちゃんと成長してる。

そう思うと 小さなぽぽちゃんがとても愛おしく思えます。


のぞみもぽぽちゃんを大事にしているようでした。



ぽぽちゃんを抱くのぞみ







新生児の頃は小さくてわからなかったぽぽちゃんのお口の中ですが
体が少し大きくなってくると
口の中の様子が確認できるようになりました。


やっぱり ぽぽちゃんは口蓋裂でした。




画像 0161月26日



生後3週間を過ぎると離乳食を始める時期です。

その頃になるとぽぽちゃんのミルクの飲みが悪くなりました。

ぽぽちゃんの成長が ミルクの飲みを悪くしているようでした。







そしてちょっと誤嚥したようで呼吸が苦しくなり
酸素室を導入しました。

画像 041酸素室にぽぽちゃん



ぽぽちゃんにも離乳食の時期が来た。

酸素室でぽぽちゃんに離乳食を与え始めましたが

ぽぽちゃんに離乳食を食べさせるのは
至難でした。

裂けた口蓋に食べ物が入り
そこから気管に入ってしまい 食べるたびにむせ込みます。


口の中に残った食べ物をかき出し
吸引し、
呼吸が整うのを待って また食べさせますが
またむせる。

ぽぽちゃんも苦しくなるので食べるのを嫌がりますが
お腹がすいているので 食べたがる。。。。。


その繰り返しが2~3日続いた頃
ウンチをするのにいきんだら
肛門から腸が出てしまいました・・・・・


もう口からぽぽちゃんに栄養を送ることは困難でした。
苦しい中でも
ウンチがしたくなるとトイレに行っていたぽぽちゃんですが
トイレに行くことも出来なくなりました。



画像 0082gatu2ka


ぽぽちゃんの苦しむ姿を見届けるのも私の役目ですが
小さなぽぽちゃんに これ以上苦痛を与えることは
苦しすぎ かわいそう過ぎる。。。。。。


ぽぽちゃんもひかりのように元気になる日が来る。

ミルクから離乳食の切り替えのこの時期を乗り切れば
うまく食べることを覚えてくれれば
手術できるまで大きくなれば
きっと 元気に走り回り
足を上げて おしっこする日が来ると信じて

栄養を与えてきたけれど
これ以上苦しめるのは ・・・・・・








。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。





ぽぽちゃんは 入院しました。

ぽぽちゃんの左の肺は誤嚥で真っ白になっていて
右肺だけで呼吸をしている状態だったそうです。


画像 030入院中ぽぽちゃん2月4日


病院で3時間おきにカテーテルで栄養をもらい
肺炎の治療をしてもらっています。

肺炎が良くなり 体が大きくなったら
口蓋裂の手術もできるはずです。


ぽぽちゃんは強い子です。

ホントにえらいなぁーーー。

お母さんが食べさせるたびに苦しくなったのに

負けることなく 生きている。

ぽぽちゃんが元気になるように

見守ってください。




プロフィール

てんにこ母

Author:てんにこ母
~主な登場人物~

*私(てんにこ母):アラフォーな働く主婦。よく泣く。2011年10月一卵性ふたご男子(チーとニッチー)を産む。
 
*天天(てんてん):02’4/30生まれ。私の元に初めてやって来てくれたパグ。女の子。

*にこりん:03’8/25生まれ。天天の一生に一度のたった一人の子供。女の子。

*光(ひかり):07’10/29生まれ。にこりんの息子。わが家のやんちゃ坊主、神様から授かった特別な子。お父さんはサンボーイズ犬舎のキンボウ。

*希望(のぞみ):07’10/29生まれ。にこりんの娘。おしゃまな顔したヤンキー娘。お父さんはサンボーイズ犬舎のキンボウ。

*おとめ:2011’1/3生まれ。のぞみの娘で超お転婆。お父さんはサンボーイズ犬舎出身のジーン王子。

*とんとん:08’8/31がうちの子記念日。実家の母と二人暮らしなおじさんパグ。

*てんにこ父:私の夫。パグ達の頼れないお父ちゃん。

最近の記事

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

にほんブログ村 犬ブログ パグへ

最近のコメント

コメントありがとう!

2011年パグカレンダー

表紙はひかりとのぞみ

2010年パグカレンダー

わが家の子供たちが表紙を飾りました。

Wan 11月号

Cover Model 希望(のぞみ)

パグ・ファンVol.3

Cover Model 光

パグの悩みずばり解決!

表紙はのぞみちゃん!

わが家のパグ達が食べてます

ロイヤルカナン 食事療法食 PHコントロール

愛用首輪とリード

首輪堂ハフマン

水遊びの必需品

アウトドア用品のmont-bell(モンベル)からワンコ用のライフジャケット

最近のトラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

日本語→英語 自動翻訳

English

リンク

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。