さよなら酸素くん


酸素くん、さよなら。

DSC09630.jpg


さよなら 酸素くん。 
また会う日まで。


DSC09631.jpg




君はボクの友達だ。
この世は苦しいことだらけ。

君なしではとても 生きて行けそうもない。

だけどボクは 育ったんだ。
短頭種気道症候群に勝ったんだ。

だからしばらくは君と 会わずに暮らせるだろう。



DSC09632.jpg


酸素くん さよなら。



DSC09633.jpg



さよなら 酸素くん。
また会う日まで。

酸素くん ありがとう。
ありがと 酸素くん。

また会う日まで。。。。。。。









                          










DSC09634.jpg


本日 酸素室返却いたしました。

導入 07’12月7日。
返却 08’4月24日。 延べ140日間レンタルしました。


DSC09635.jpg



さよなら酸素くん



光(ひかり)の闘病は ひとまず終息にしたいと思います。

のぞみより 呼吸回数が多めだったり、
食べ物を喉に詰まらせやすかったり、
今後も注意していく事はありますが
日常生活を 普通のパグとして送るには問題ない状態になりました。

ひかりの成長を見守り、
祈り 励ましてくださった皆さま。

。。。。。。本当にありがとうございました。。。。。。


これからも
天天・にこりん・ひかり・のぞみを よろしくお願いいたします☆









にほんブログ村 犬ブログ パグへ私たち夫婦にとって生きる 「希望の光」 となるように
光(ひかり)と希望(のぞみ)と名づけました。 

まさに生きる希望と光を見せてくれている子供たちです。 

人はどんな状態の中からも学ぶ事ができると教えてくれました。

これからも私たちを支えてくれる事でしょう。。。。。。 ぽちっと。










ちょっと、愚痴らせて。。。


今日は2月15日 金曜日。

ひかり君、予防注射に行きました。


DSC07952.jpg



ひかりに酸素室を紹介してくれた先生です。
ひかりが 酸素室から出て、やってきたことにビックリしてる様子です。

「今日は 予防注射お願いしたいのですが・・・・・・」
と言うと、

。。。。。。なぜ?予防注射??。。。。。。。

という表情です。

「だいぶ元気になったので、散歩というか 公園で歩かせたりしたいので。」
と伝えました。

ひかりが元気になって 酸素室から出て生活してる事、喜んでくれたようです。

でも、
「ひかり君の呼吸はこれで楽なほうですか?」
「ひかり君にとって、ひどいときから比べると良くなったかもしれませんが、
動物として この呼吸は苦しいんですよ。」
「せっかくの命なんだから、大切にしないと。」


先生としては ひかりが少しよくなっても、まだまだ無理は禁物で
それを私がちゃんとわかってるのか 気になったんでしょうね。。。。。。

この飼い主、わかってんのか~  と。。。。

DSC07953.jpg


「それは充分、わかってます。
これまでにするのに、苦労したんですから。。。」
「部屋の中だけじゃなく、外の世界も体験させたいなぁ~と思うので。。。」
と 笑顔でお話ししました。


帰りには
「弱く手のかかる子ほど、可愛くなっちゃうんですね~。」
と、ひかりの甘えっぷりを見て 声を掛けてくれました。



帰り道、なんとなくドンヨリした気分。。。。。

ひかりが苦しい状況を完全に克服したわけではない事、充分わかってる。
ひかりも今まで 窒息しそうな思いを何度して、苦しかっただろう。
私もひかりを育てるのが苦しかった。
でも、ふたりで頑張ったのだ。
いろんな人に励まされながら。。。。。

ひかりには 
世界は苦しいだけじゃなくって、楽しくて ワクワクするって事。
いろんな人が ひかりを愛してくれる事、教えたい。
そのために 私ができる事、やっていこうと決めたのです。

ワクチンもそのための準備。
ましてひかりは弱いんだもの、リスクは減らしたい。



先生も 私の思い、わかってくれたんだと思うけど。

ひかりに対して やはり悲観的な意見を聞くと
気持ちが重くなります。。。。



仕方が無い、仕方が無い。



気を取り直して、明日から また 元気に頑張ります!!





にほんブログ村 犬ブログ パグへ








続きを読む

雪の日曜日~その2~ 


 2月3日  雪降る 日曜日の午後。



生後3ヶ月齢を 無事迎えることができた ひかり君。

DSC07617.jpg


ずい分元気になりました。

でも、もっと元気になってもらいたいのが 親ごころ。

DSC07619.jpg


お医者さんの診察だって きちんと受けていません。

ひかり君の呼吸を苦しくさせている原因は何だろう。
それもはっきりわからないので 
以前、ネットで調べた呼吸器の積極的な治療をしてる
病院へ行ってみました。


DSC07622to-とーちゃんとひかり
とーちゃんと アイコンタクト。


車でおよそ40分。
これ位の距離なら ひかり君も大丈夫と見込んで。。。。。


DSC07624.jpg



まず、問診と触診。聴診器で聴診。
それから レントゲンを撮りました。
角度を変えて 5枚。

撮影中、怖くってウンチが出ちゃったそうです。
よっぽど怖かったようで、戻ってきたとき 口角に泡がついていました。

ひかりにとって検査も相当な負担です。



結果は・・・・・

「気管低形成」ということでした。
気管が非常に細い。
ボールペンの先ぐらいとのこと。

私が予想していた「軟口蓋過長症」は無いようです。
「鼻孔狭窄症」もありませんでした。


お薬はありません。
ここまでよく生きられたね、と言われました。(ちょっと、誇らしかった)
治療するとすれば 手術で気管を広げるワイヤーを入れて
固定するそうです。
それはどこでもできる治療じゃないそうです。
でも、今は小さすぎるのでそれもできないそうです。

先生はひかりの呼吸状態を見て シビアな意見でしたが
私は 今が今までで 一番元気だし、
日に日に元気で 活発で 生き生きしているので
~大丈夫なんじゃないかなぁー。~と思っています。

また、いろいろ調べたら 

「子犬において明らかに狭くなった気管は、動物が成長すると共に、胸郭の大きさに比例する以上に増加していく可能性がある。気管腔/胸郭入口比は、時と共に大幅に増加する。言い換えれば少なくとも、成長過程の犬では、気管低形成の程度は静的なパラメーターではない。」

という 論文を見つけました。
これも私に 悲観的にならない材料として 非常に大きな情報です。


レントゲン上、
心臓、肝臓、頭骸骨にも異常は無く
問題は気管のみ。

けれど、酸素室は当分 使ったほうがいいとのことでした。

ちなみに手術料をお聞きしたら・・・・・・

なんと。 50万以上、100万以下の真ん中ぐらいの金額でした。

私の年収の約半分じゃん・・・・・・





いろんな悩みや 心配は尽きませんが
ひかり君からは いいエネルギーしか感じられないので
「大丈夫だ!」 と信じようと思います。


夜はみんなで ひかりの気管の成長と健康、
のぞみの健康、にこりんの健康、天天の健康
人間2人の健康を願って 豆まきをしました。








にほんブログ村 犬ブログ パグへ今までと変らず、今まで以上に光を大事に育てていこうと決意した母なのでした。ぽちっ。

ひかりに捧げたクリスマス・イブ

      
     <今日の記事は暗いです。元気のない人は見ないほうがいいかも・・・・・>


12月24日 月曜日 生後56日目 クリスマス・イブ。

昨日の夕方あたりから なんとなく食べる量が少なめで
今朝はフードほとんど食べず、粉ミルクを練ってあげたら それは食べたひかり。

天井を仰ぎ呼吸しています。
のど元とお腹の動き深く 表情も苦しそう。。。。。

酸素室に酸素を供給してるコンプレッサーの音が昨日からおかしかった。。。。。
酸素が充分送り込まれてなかったのかな。。。。。

朝1番で業者さんに点検を依頼。
応急的にスポーツ用品店で酸素ボンベを購入。
早速吸わせました。

11時過ぎには業者さんがコンプレッサーを交換してくれました。

けれど ひかりの呼吸状態も食欲も戻らず。。。。
漠然とした不安に襲われたわたし・・・・・

今まで3ヶ月年齢まで待たなくてはならないと思い込んでたけど
他に治療法はないのか。
ネットで検索してみると 都内(ウチからでも1時間ほどで行ける)に
軟口蓋過長症や気管虚脱を積極的に治療してる動物病院のホームページ発見。
あきらめないで!と書いてある!

電話で問い合わせてみました。
電話で応えてくれた院長先生は親切で口調も穏やか。
けれどやはり答えは同じでした。
「3~4ヶ月まで手術は難しい、成長過程にあるので形成しても 成長と共にサイズが変わってしまうし、麻酔のリスクもある。」
体重の問題じゃないらしい・・・・・です。

今まで何とか軌道に乗ってきたかと思っていた矢先。
なんだか 緊張と不安がいっぺんにおそってきて 泣き崩れてしまいました。。。。。。




それが午後4時を過ぎた頃、ムクット起きたひかりくん。
2時間前より表情がすっきりし、目に力が戻った感じ。

フード少々と粉ミルク4杯を練った物を食べ(でも全部食べない)、ひとり遊びを始めました。














今は寝ていますが、湯たんぽの上に寝そべり 今朝よりずっと楽そうです。

あぁ~~~~~~~~~~~ぁ~~~よかったぁ~~~~。



私は今日1日、独り相撲したのでしょうか。
あーーーー、疲れた。。。。。
心の中で グルグル グルグル・・・・ 
ひかりを死なせたくない、ひかりを助ける道はないのか。
結局、今してることを続け、時を待つしかないんですね。



ひかりの事を考え、今日は何もできなかった。
ひかりに捧げた07’のクリスマス・イブです










安定しています。


12月16日 日曜日 生後48日目



1日のほとんどを 酸素室で過ごすひかり。

DSC06110.jpg



こうして 湯たんぽの上に乗って 寝ている事もあります。

DSC06052.jpg




今日は天天おばあちゃんが 様子を見に来てくれました

DSC06128.jpg




酸素室でウンチをすると臭いがこもって なかなかすばらしい状態になります。。。。
時々は空気の入れ替えをしています。
ウンチの臭いの中にいたら 具合悪くなりそうだもんね。。。。


そんな開放時に 少し遊ばせています。


外に出たら、天天ばあちゃんにお尻の臭いチェックを受けました。

DSC06130.jpg




心身の発達著しい時期なので 遊びを我慢させるのは
精神的な発達を阻害するんじゃないかと これもまた心配です。



DSC06143.jpg

 ひかり  「にこりん母さん あそんで~~!!」

DSC06038.jpg
(こちらの写真は夕べです。)
 ひかり  「引っ張りっこ するんだーいっ!」


でも、油断は禁物!
ふとした拍子に呼吸が苦しくなるし、やっぱり疲れやすい。

数分で酸素室へ戻します。
呼吸が苦しくなったときは チューブを直接鼻先へ持って行きます。
すると目をつぶって 酸素を吸い込みます。
酸素で楽になる事を もうちゃんと理解しています。



食事の量はパピー用フード1日約50g。
ホントはもっと食べて欲しいけど、なかなか思うようには食べてくれません。

そのほかに ブドウ糖水を加えたり、栄養補給ペーストを上あごに塗ったり。
でも、これでお腹がいっぱいにならないように 与えすぎないよう注意しながら。

体の肉付きはイマイチですが、全体的には少し大きくなったような気がします。

  

ゆっくり成長を助けてあげればいい、と思いつつ
早く大きくなって~~と 焦ったり・・・・

ひかりに酸素がいらない日が来ますように。
思いっきり走っても 苦しくない日が来ますように



続きを読む

プロフィール

てんにこ母

Author:てんにこ母
~主な登場人物~

*私(てんにこ母):アラフォーな働く主婦。よく泣く。2011年10月一卵性ふたご男子(チーとニッチー)を産む。
 
*天天(てんてん):02’4/30生まれ。私の元に初めてやって来てくれたパグ。女の子。

*にこりん:03’8/25生まれ。天天の一生に一度のたった一人の子供。女の子。

*光(ひかり):07’10/29生まれ。にこりんの息子。わが家のやんちゃ坊主、神様から授かった特別な子。お父さんはサンボーイズ犬舎のキンボウ。

*希望(のぞみ):07’10/29生まれ。にこりんの娘。おしゃまな顔したヤンキー娘。お父さんはサンボーイズ犬舎のキンボウ。

*おとめ:2011’1/3生まれ。のぞみの娘で超お転婆。お父さんはサンボーイズ犬舎出身のジーン王子。

*とんとん:08’8/31がうちの子記念日。実家の母と二人暮らしなおじさんパグ。

*てんにこ父:私の夫。パグ達の頼れないお父ちゃん。

最近の記事

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

にほんブログ村 犬ブログ パグへ

最近のコメント

コメントありがとう!

2011年パグカレンダー

表紙はひかりとのぞみ

2010年パグカレンダー

わが家の子供たちが表紙を飾りました。

Wan 11月号

Cover Model 希望(のぞみ)

パグ・ファンVol.3

Cover Model 光

パグの悩みずばり解決!

表紙はのぞみちゃん!

わが家のパグ達が食べてます

ロイヤルカナン 食事療法食 PHコントロール

愛用首輪とリード

首輪堂ハフマン

水遊びの必需品

アウトドア用品のmont-bell(モンベル)からワンコ用のライフジャケット

最近のトラックバック

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

日本語→英語 自動翻訳

English

リンク

カテゴリー

月別アーカイブ

FC2カウンター